CBDオイルの「医療」への応用

そのリラックス効果から筋肉痛、肩こり、不安障害や不眠症に効果があるとして、日本でも大注目されている美容&健康成分である「CBD」。流行に敏感な方なら、おそらくここ数年メディアで目にしたこともあることでしょう。

CBDとは、大麻草から抽出される有効成分

CBDの正式名称はCBD(カンナビジオール)といい、大麻草に100種類以上も含まれる成分である「カンナビノイド」と総称される物質の一つです。因みに、大麻草の効能と効いて一般的に思い浮かべる精神作用(気分が効用したり、酩酊したようになったりするあの状態です…)は、全く別の種類のカンナビノイドであるTHC(テトラヒドロカンナビノール)の効能です。komorebi-cbd.jp等に詳しく記載がありますが、このTHCは日本では麻薬取締り法のもと厳しく規制されているため、通常日本国内で販売されているCBD製品には含まれていません。

CBDには様々な医療効果が期待されている

このカンナビノイド、特にCBDには抗痙攣作用、抗炎症作用、細胞障害の抑制と改善作用、抗不安作用、降圧作用、特定の癌における細胞死を誘導する作用などが認められており、研究が幅広く進められています。

カンナビノイドがそんなにも多くの疾患に効果をもつ理由としては、主にエンド・カンナビノイド・システム(ECS)への影響があります。エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは、全ての脊椎動物が持つ内因性カンナビノイドの機能を制御しているシステムです。ヒトを含む全ての脊椎動物が持っている生体の制御システムであり、このECSが食欲、睡眠、性行動、疼痛、免疫、感情、運動機能、発達、老化、認知、記憶など様々な体のシステムをコントロールしていると考えられています。

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)は、環境ホルモン、女性ホルモン、老化や強いストレスなどにより狂い、健康上の不調をもたらします。CBDオイルによる治療とは、植物由来のカンナビノイドにより、内因性カンナビノイドの欠乏を補うことでその改善を目指すものなのです。

ECSの機能低下が関与していると考えられる疾患には、以下の通り、実に様々なものがあります:

糖尿病、てんかん、癌、不眠症、認知症、自閉症スペクトラム、うつ病、不安障害、統合失調症、炎症性腸疾患等…

CBDオイルはこのような多くの疾患の治療に実際に使用され、大きな効果をあげています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*