Uncategorised

オンラインカジノ、ライブカジノハウス(Live Casino House)とは

ライブカジノハウスは、比較的新しくできたオンラインカジノ(bestjapanesecasinos.com)で、2018年1月にオープンしました。その名の通り、ライブゲームの充実したラインナップで知られています。 充実のライブゲーム数 採用ソフトウェアは業界トップクラスの10種類。それぞれ都市名がつけられています。 ・n2-LIVE(CASINO JEJU) ・Ezugi(CASINO RENO) ・EvolutionGaming(CASINO PARIS) ・GAMEPLAY(CASINO MACAU) ・DeluxeGOLD(CASINO TOKYO) ・TAISHAN(CASINO SEOUL) ・AsiaGaming(CASINO VEGAS) ・Microgaming(CASINO MANILA) ・HOGaming(CASINO SINGAPORE) ・VIVO GAMING(CASINO BEIJING) スロットゲームも充実 ライブカジノがメインであるものの、他のテーブルゲーム等も楽しめます。中でもスロットには力がはいっており、1,000種類以上ものスロットゲームが揃っています。 バーチャルスポーツがアツい バーチャルスポーツはいま、世界中で人気のゲームです。コンピューターが競馬、競輪、ドッグレースといったスポーツをプレイし、参加者はそのゲームに対して賭けます。このバーチャルスポーツ、とにかく映像のクオリティが高いのです!本当に繊細なCGで、大げさではなくパット見実写映像に見えるほどです。迫力の映像で、臨場感あふれるゲームが楽しめること間違いなしです。バーチャルスポーツは約3分おきにゲームが開催されているので、思い立ったらいつでもプレイできます。普通のゲームに飽きたら、ぜひ一度は試してみてほしい超おすすめのゲームです! お得なウエルカムボーナス カジノライブハウスでは、入金額に応じたウエルカムボーナスが最初の入金3回目まで付与されます。 1.初回入金時 入金額の100%のボーナスをゲット(MAX500ドル)! ※最低入金額は10ドル。 ②セカンド入金額に対して50%のボーナスをゲット(MAX250ドル)! ※最低入金額は10ドル。 ③サード入金額に対して100%のボーナスをゲット(MAX150ドル)! […]

Uncategorised

スキンケア中のながら活動☆私の場合

女性ならスキンケアの時間って、毎日のことですよね。長さは本当にピンキリで、女友達の中には「五分で終わるよ^^!!」なんて子もいるんですが、なにぶん私は、ご存知の通りの美容オタクなので…毎朝毎晩、全ルーティン行うと、バカにならない時間がかかっています。特に夜は、いつも1時間以上はかかっちゃいます。週末だと朝も、ホットカーラーやホットビューラーを使うので、ちょこちょこ「待ち」時間があります。あとスキンケアの段階で、化粧水や美容液が浸透させるのにも、何分か時間をおかないといけませんよね。今回はそんな、私なりのスキンケアやメイク中の「ながら活動」を紹介します。 TVかユーチューブ 結局はこれ、王道になっちゃいますが、TVを見ながらか、もしくはユーチューブを見ながらじっくり色々やるパターンが一番多いです。まぁ、もちろん鏡も見ながらですし、ところどころスキンケアに没頭するのであまり内容を覚えていないこともしばしばですが(笑)。 時間に余裕があるときは、美容系のユーチューバーさんの最新メイク動画をアイパッドで見ながらメイク、とかもしてます(これを言うと、意識高い!と褒められます 笑)。美容オタクにとっては、至福の時間です!…って、これ、あまり「ながら」になってないですね、はは。 SNS あとは、ヘアメイク中のちょっとした手が空く時間にフェイスブック、インスタとかもチェックします。メッセージやりとりする時の、返信「待ち時間」も有効活用できますし 笑。化粧水や美容液の浸透時間に返信してます。効率がいいんですよね(笑)。 スマホでゲーム! 実は、ゲームも結構プレイします。色々なのをちょこちょこやってたんですが、最近は、オンラインカジノが楽しい!「カジノ」っていうと敷居が高く感じますが、オンラインカジノサイトなら、普通のスマホゲームと感覚まったく変わりません。今はネット上にオンラインカジノの情報も沢山あるので、よーく調べてからなら初心者でも安心して始められます。ゲームもサイトも、本当に沢山種類があるからびっくりしますよ! 音楽を流す 私は、家にいる時に常に音楽を流しているタイプではないんですが、スキンケアとか、地味な作業中の場合は流したほうが集中できるんですよね。ジャンルでいうと、スムーズジャズとか、カフェで流れてるような、なんとなーくバックグラウンドで流れててくれて、かつ気が散らない(歌い出して、メイク失敗したら大変!)ものが主ですね。

Uncategorised

自然派さんにおススメ!オーガニッククレンジング3選

時代の流れか、めざましい進化を続けるオーガニックコスメ製品。国内製品も昨今では充実してきました。この記事ではそんなオーガニックコスメの情報と、おススメアイテム5選をお届けします。 日本におけるオーガニックコスメとは? 実は日本での「オーガニックコスメ」とは、欧米のそれとは少し基準が違います。欧米ではオーガニック認可製品が「オーガニックコスメ」ということになるのに対し、日本では、そういった明確な基準は法で定められていないのです。なので国内では、有機栽培の植物成分を配合しているコスメがオーガニックコスメと呼ばれています。また、オーガニック成分は未配合で、天然の素材を使っているアイテムは「ナチュラルコスメ」と呼ぶことができます(ですので「本物」の有機成分にこだわる人は、実は海外のオーガニックコスメがおススメなのです…)。 使い心地はものによる 肌に優しいオーガニックコスメですが、知られているデメリットとして、使い心地がいまいちのアイテムが多いのですよね…。ベースメイクは崩れやすく、ポイントメイクは発色や持ちがいまいち、マスカラもすぐにパンダ目…等。あと、シリコンや界面活性剤無配合のシャンプー&リンスを使用していた時期は髪の質感がいまいちだったり。筆者も一時期はまっていたものの、せっかくのメイクに逆にストレスを感じて、遠ざかっていました。 成分は、大事 とはいうものの、長い目で見たら体に優しい成分配合のものを使うのに越したことはないですよね。一時的に綺麗に見せれても、そのコスメのせいで土台となるお肌がどんどんダメージを受けて行ってしまったら何にもなりません。そこで、いまいちどオーガニックコスメに着目しよう、と思い立ちました。 クレンジングから取り入れよう! クレンジングなら、前述の使い心地もコスメほど気になりません。それにクレンジングって肌を清潔にするという一番基本的な役割ですから、成分のいいものを取り入れるには恰好のアイテムなのです。 おすすめ5選 1.product フェイシャルクレンザー 「プロダクト」は、アメリカのオーガニック認証を取得している本格派なブランドです。3種類のハーブパウダーを水で溶かして使うパウダー状の洗顔料。スクラブ効果もあるので角質も除去できます。プチプラが魅力的!

Uncategorised

東京ファッションウィークのご紹介

「東京ファッションウィーク」、雑誌やオンライン記事、ファッションニュースで目にすることは多いものの、実際はどういったイベントなのでしょうか?じつは東京ファッションウィークは東京コレクションが生まれ変わったもので、期間中は東京都内各地でファッションイベントが行われます。この記事ではその東京ファッションウィークについて詳しくまとめてみました。 「ファッション・ウィーク」とは… まず母体となるイベントの「ファッションウィーク」とは、年2回、世界のファッション都市(パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、東京)で開催される時期シーズンのコレクションを発表するイベントです。その東京で行われるイベントが「東京ファッションウィーク」(英語名は”Japan Fashion Week(in Tokyo)”)で、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が主催しています。開催時期は毎年3月と10月。会場は渋谷ヒカリエと表参道ヒルズが拠点となっています。 元々はプレスやバイヤーなど、ファッション業界内内のイベントでした。ですが近年の一般オーディエンスやインフルエンサーの情報拡散力に着目され、より広く開かれたイベントに進化を遂げています。 スポンサーに合わせて変化してきた名称 東京ファッションウィークはもともと(2011年から2016年まで)はメルセデス・ベンツがスポンサーでした。その後、2017年から2019年3月まではアマゾンジャパンが冠スポンサーとなり、更に2019年8月からは楽天がスポンサーになりました。そういった経緯から正式名称も各スポンサー時期に合わせて「Mercedes-Benz Fashion Week」→「Rakuten Fashion Week TOKYO」→「Amazon Fashion Week TOKYO」と変化してきました。普段からこういった情報を追っていない人は、別イベントだと思っていたのではないでしょうか。筆者もその一人です。紛らわしいですね。 期間中、東京はファッション一色に東京ファッションウィーク期間中は、ヒカリエ、表参道ヒルズといった拠点会場所在地の渋谷、表参道を中心に、東京の街のあちらこちらのスポットにファッションウィークの広告やビジュアルが溢れます。合同展示会やコラボパーティといったイベントも盛りだくさんで、ファッショニスタにとっては欠かせないイベントとなっています。

Uncategorised

人気のビューティーブロガー3人

オフラインオンラインに溢れる美容情報の数々…。どれを読めばいいのか、選ぶのも大変ですよね。雑誌だとビジュアルは美しいものの、モデルさんも美しすぎて土台の違いを加味しなければいけない(苦笑)、ただあまりにランダムなインフルエンサーさんの発信情報も、失礼ながら信頼性としてはいかがなものなのか…。そう考えていたところ、「BEAUTY – VOGUE Blog」に行き当たりました! 言わずと知れたモードファッション誌VOGUE 日本版ウェブサイトで運営されているブログプラットフォームで、プロのメイクアップアーティストさんやジャーナリストさんが個人目線で情報発信されています。これはぜひ、参考にしたいですね。 この記事ではその「BEAUTY – VOGUE Blog」で執筆されている3人のブロガーさんをご紹介します。 1.元VOGUEエディター&PR姉妹 林路美代&林民子さん 林路美代さんと林民子さんは姉妹で情報発信をされている、ユニークなスタイルブロガーさんです。美代さんは元VOGUEエディター、民子さんは元ファッションブランドPRとのことで、現在はサステイナブルなライフスタイルを広めるためのNPOソーシャルコンシェルジュ http://www.socialconcierge.org/ としても活躍されています。「マインドフル」「エシカル」といったテーマのエントリーも多く、内側から満たされる情報も得ることができます。 2.メイクアップアーティスト 吉川康雄YasuoYoshikawaさん 吉川康雄さんはNYのブルックリンを拠点とし東京と行き来するメイクアップアーティストさんです。CHICCAという化粧品開発も手掛けられています。エントリーは主にCHICCA商品についてのようですが、毎回「色」に主に着目したクオリティの高いビジュアルがアップされており、センスの良さが伝わってきます。 3.エステ・スパ ジャーナリスト 惣流マリコさん 国内外のエステ、スパ、美容クリニックを年間延べ300件以上体験されていて、その感想を発信されています。趣味のキックボクササイズでも大会に出場するほどのレベルだとか。中々自分では手が出せないリッチな最新美容体験談が読めます。また、本当にたくさん旅行されているので、美容情報だけでなく旅情報も参考になります。トレーニング情報もたまに混ざっており、内側からも綺麗になれそうですね。 皆さんもぜひ、「BEAUTY – VOGUE Blog」を訪ねてみてください!

Uncategorised

海外と日本のガールズファッションの違い

この記事では、日本のファッションを世界の他の国と比べてユニークな点を中心にまとめてみます。筆者自身、アメリカに数年間住んだことがあるのですが、日本人は基本的におしゃれに対する意識が高い民族だと思います。日本では逆に憧れられる対象でもある欧米のファッションですが、住んでみると意外と地味…というより、『そこまで格好を気にしていない』というレベルの人も、多いです! 筆者が住んでいたのはアメリカでも映画やドラマの舞台になることも非常に多い大都市でしたが、もう、上下黒、スポーツウェア、とにかく楽な格好!というのが一番の印象でした。日本人女子のように頭のてっぺんからつま先までお気に入りのブランドで揃えて巻き髪!とか、普段からやっている人は、皆無に等しいです。もちろん若者向けのエリアにいくとファッショナブルな人もたくさんいて、日本人には見られない派手な髪の色や個性的なコーディネートも見られましたが…(何となく、ロック系が多かったような)。 ということで日本人女子のファッションの特徴をまとめて見ました。 全体的に意識が高め すでに書いたように、海外の人は普段着はあまり気合を入れません。わかりやすい例でいうと、女性でも通勤等は圧倒的にバックパック率が高いです。日本のOLさんはビシッとしたバッグを持ってる方がほとんではないでしょうか。また、プライベートでもデニムにスニーカーなど、正直こだわりゼロというか、『楽が一番!』的なスタイルが多いです。とはいえもちろんキメるときはキメますし、そうなるともう欧米人などはスタイルにモノを言わせて非常にゴージャスになりますよね。まぁ、彼らの普段着がシンプルなのも、スタイルがいいからという理由もあるかもしれません。 2. 女性らしいスタイルが人気 住んでいたアメリカに比べると、日本人女性は圧倒的に「スカート率」「ハイヒール率」が高い気がします。向こうは動きやすさ重視なのに比べ、日本人は「印象重視」なのかな、と思います。ハイヒールなんて、向こうにいた時は本当に履いている人が少なかったです!筆者も何だか気恥ずかしくなって、ペタ靴にシフトしたものです。 3. 海外の人は個性的 日本では「印象のよさ(色んな意味で)」が重視されるのに対し、海外では「個性」重視のスタイルが人気な気がします。コンサバ系日本人女性の雰囲気が何となく似てくる一因でもあるかもしれません。「量産系女子」などという失礼な言葉がありますが、まあ、一定の女子大生グループなどを見ていると、あながち分からんではない…と思う瞬間もあります。 以上、完全に主観ですが、海外と日本人女子のファッションの違いでした!